目の前で捨てられたネギを救出、ネギの青い部分は食べる?食べない?

昨日は休みだったので近所のスーパーへ買い物に行きました。レジに並んで順番待ちをしていて、前の人は年配の女性でした。その女性が店員さんに、

「青い部分切ってくださる?」

と話しかけていて、店員さんは白と青の部分の境目で半分に切りました。そしたら

「青いのは捨てちゃってください」

店員さんも後ろにいたわたしも、え?でした。
いいんですか?と店員さんが聞くと、いいのいいのという返事。そしてすぐに横にあったごみ袋に捨てられました。
その女性のレジが終わり、自分の会計が始まってすぐにわたしは

「さっき捨てられたネギの青いやつ、もらえたりしませんか?」

と思いきって聞いたところ、どうぞ!どうぞ!とのこと。
ネギの青い部分とか大根の葉っぱとかいらないって人けっこういらっしゃるんですよ、と店員さん。

もっらたネギの青い部分

無事に食べられることになったネギです。

切ってタッパに入ったネギ

味噌汁用に輪切りにしました。かなりの量になったので今日使う分は鍋にいれて、残りは冷凍しました。

ネギの青い部分に関しては、農薬が気になるから食べない、料理の臭み消しに使うぐらい、東西で食べる食べないがある、ネギの種類による、問答無用で食べる、など意見はさまざま。住んでる場所で違いがあるのは知らなかったなぁ。
我が家の食べ方は主に味噌汁にネギたっぷりが多いですが、米粉とネギで作るチヂミが好きです。タレはポン酢にラー油を入れて。

何はともあれ、レジの順番の前後で利害が一致してよかった。
庭のネギにはネギ坊主できちゃってるし、水耕栽培のネギも伸び放題だけど、どれもダメにしないようにおいしくいただきたいと思います。

さらに今回調べて初めて知ったこと、ネギの種類によってはネギ坊主は観賞用に楽しまれているとか!

カラフルなネギ坊主

カラフルなネギ坊主、かわいい!

おすすめ記事

かわさんどっとわーく:みかんは果肉も皮も楽しめる!果肉でお酒、皮で甘露煮作り。

かわさんどっとわーく:プランターの整理整頓で落ちた青トマトでピクルスを作る。

かわさんどっとわーく:野菜の捨てちゃう部分を使ってもう一度野菜を楽しもう!小松菜をリボベジしました。

Instagram