【ごみ減量チャレンジ#105】今年もバジルの種を収穫しました。

2020/11/22~/28ごみ減量チャレンジごみ減量チャレンジ

ゼロウェイストとミニマリストを両立させたい主婦です。

ごみ減量チャレンジ、先週の可燃ごみ計量結果発表!

2020/11/22~/28ごみ袋

11/22~/28の7日分で895グラム、1日あたり約128ラム(前回:約91グラム)

缶ごみ:なし ペットボトルごみ:なし 瓶ごみ:なし

今回の主なごみは、
ラップ(2枚)、魚肉ソーセージの包装、発泡スチロールトレー(複数枚)、お菓子の袋(複数枚)、紙容器の上部分(複数個)、さつまいもの袋、豆腐パックの蓋、緩衝材、パスタの袋、瓶に張り付いていたラベル、紙パックについていたビニール包装、レシート(大量!)、豆乳のキャップ、煮干しの袋、排水溝のごみ、掃除機のごみ、使い捨てウエス(複数枚)、薬の包装、ティッシュ(複数枚)、など。

キッチンのごみ箱以外では、
お風呂の排水溝のごみ、糸ようじ、使い捨てウエス(複数枚)、など。

魚が入っていた発泡スチロールトレー。魚の油分が多く綺麗に洗うには少々水と石けんを使いそうだったので可燃ごみにしました。ごみを減らすために汚水を多く流すのも何か違うようなと思ったときは無理せず可燃ごみへ。

発泡スチロールトレーもスーパーのリサイクルボックスに出してどれだけリサイクルされているのか、最後まで見届けてみたいなぁと思ったり。最近利用しているリサイクルボックスは洗わずに入れられていることが多々あり(そういった袋はリサイクル業者に回されないことがあるそうです)、これはダメだという状況のときはボックスに入れず持ち帰り、後日再度訪れて入れたりします。自分が入れた後どうなるかはわからないので無駄な作業かもしれませんが、自己満足です。

空き瓶を利用した湯たんぽ

寒くなって空き瓶で湯たんぽが大活躍している今日この頃。

お皿に盛ったシチュー

寒いのでシチューを作りました。市販のルーを使うと余計にごみがでるので、

シチューの具材を煮ている所

ルーは使わず、具材をローリエを入れて煮込み、味付けはサラダエレガンス。

サラダエレガンスの容器

サラダエレガンスは缶入りで蓋はプラスチック。
個包装のコンソメやプラスチック容器に入ったコンソメ顆粒を買いたくないというところから探した調味料。オーガニックとかだと瓶入りのコンソメ顆粒が売られてたりしますが、我が家で使うには高いのでこちらを愛用してます。

玄米粉が入った瓶

とろみは自家製玄米粉で。

豆乳を入れてできあがったところ

最後に豆乳を入れて完成です。市販のルーを使わずともおいしいシチューは作れます。ローリエ必須。

ハマチのアラ 半額になった柿

先週は見切り品でぶよぶよになった柿を食べたり、ハマチのアラなどもいただきました。ハマチのアラはいつも血合いの部分が大量に入ってお買い得価格。骨も取りやすいので見かけるといつも買っています。
魚のアラももったいないがあふれています。

種取りをしている様子

水耕栽培バジルの種取りをする旦那さん。

瓶に入れた種

めんどくさいと言いながらやってくれてありがたい。
数粒あれば十分なのだが、今年は花が多いようでたくさん種が収穫できそうです。

おすすめ記事

かわさんどっとわーく:【ごみ減量チャレンジ5/5~5/11】最近のごみ減量活動と今までのごみ計量結果をグラフにしてみました。

かわさんどっとわーく:パッケージフリーで手に入れる!おすすめハーブと活用法。

かわさんどっとわーく:【ごみ減量チャレンジ#99】難易度高すぎゼロウェイスト旅とバジルの冷凍。

おすすめ本

ごみと日本人―?衛生・勤倹・リサイクルからみる近代史

ごみ問題とライフスタイル?こんな暮らしは続かない (シリーズ・地球と人間の環境を考える)

図解でわかるカーボンリサイクル ~CO2を利用する循環エネルギーシステム (未来エコ実践テクノロジー)

タイトルとURLをコピーしました