【ごみ減量チャレンジ#113】冬の防寒には着古されたウールが良い。

ごみ減量チャレンジ

ゼロウェイストとミニマリストを両立させたい主婦です。

ごみ減量チャレンジ、先先週の可燃ごみ計量結果発表!

1/24~1/30の7日分で1460グラム、1日あたり約209ラム(前回:約127ラム)

缶ごみ:10グラム ペットボトルごみ:なし 瓶ごみ:1350グラム

ごみ袋の写真を撮り忘れました。

今回の主なごみは、
玉ねぎの袋、パンの袋、お菓子の袋、昆布の袋、コーヒー豆の袋、鮭の包装(ラップ)、もやしの袋(複数枚)、チョコの包み紙(複数枚)、パスタの袋、納豆の容器(4パック)、ソースの容器、赤カブの包装、せんべいの袋、豚肉の包装(ラップ)、豆乳のキャップ、排水溝のごみ、掃除機のごみ、使い捨てウエス(複数枚)、薬の包装、ティッシュ(複数枚)、生ごみ(500グラム!)など。

キッチンのごみ箱以外では、
お風呂の排水溝のごみ、糸ようじ、使い捨てウエス(複数枚)ティッシュ(複数枚)、など。

旦那さんがいつの間にか買っていた業務スーパーの「味つけいなりあげ」が賞味期限切れになっていたという、とんでもない事態が発生。しかも30個分、なんてこと。グラムを計ったら500グラムもありました。正月に食べたくて買っていたようですが、葬式云々で疲弊していたわたしに作ってくれと言い出せなかったようです。そしてそのまま大きく賞味期限を超えて発見されました。本当にごめんなさい。

さすがにこの量をこの時期のコンポストで処理するのは無理なので可燃ごみにしました。わたしもかなりダメージくらいましたが、旦那さんはさらに大ダメージだったようで、しばらく落ち込んでいました。それ以来、今まで以上に2人で賞味期限賞味期限と呟きながら食品庫チェックしてます。

 

葬式の話が出ましたが、年始の葬式出席の際にウールのコート(裏地あり)を着たところ、毛が喪服に付着してえらいことになりました。これは喪服用のコートを買わなければと近所の古着屋に行ったところ、

ナイロン素材のダウンがセールで900円で売られていたので購入。しかもサイズぴったり!これならば喪服が白くなることもないでしょう。

ついでに普段着用のウールのニットも購入。こちらも900円。去年古着屋のセールで買ったカウチンニットの洗い替えがなく、洗濯したときは寒さに震えていたので、これで震えずに済みます。

かわさんどっとわーく:新春セールは古着屋へ!2020年もリサイクルショップを積極的に利用したい。

900円という値段なのでかなり着用感はあったのですが、クタクタのおかげでウールのチクチクが和らいで個人的にはありがたい商品でした。毛玉を取れば見栄えもちょっとましに。

防寒着にフリースは着たくないけどウールはチクチクが苦手という方には、古着屋で売られている着古されたウールをおすすめします!
新品の獣毛や羊毛は難ありですが、既に出回ってしまっているそれらの製品は有効活用したいところです。

先週はどでかい赤カブが見切り品になっていたので救済しました。

ピクルスにしたらすごい色になってびびりました。

半分は煮物に。こちらの煮汁もすごい色です。

80円で長いこと箸休めとして楽しめました。

その他、先週の見切り品はこちら。

寒さでコンポストの動きが悪いので野菜は丸ごと食べるようにしていますが、白菜は芯(根元の部分)はキャベツの芯より柔らかく食べやすいのでおすすめです。

鍋の具材にいかがでしょうか。

「白菜の芯」とGoogleで検索をかけたら、「白菜 芯 どこ」と予測で出て、ちょっとおもしろかった。

 

おすすめ記事

かわさんどっとわーく:「布団ばさみ」の代わりに綿のロープを使ってみる。

かわさんどっとわーく:誰かの役に立つ!捨てる前に考えたい「物品寄付」について調べてみた。

かわさんどっとわーく:ごみ減量と食品ロス削減に一役、我が家のお漬物。

おすすめ本

ゼロ・ウェイスト・ホーム ーごみを出さないシンプルな暮らし

あるものでまかなう生活

HONEY(ハニー)Vol.30【付録カレンダー】

タイトルとURLをコピーしました