割れたプラスチックケースの代わりに、着なくなったパジャマで服を包む。

クローゼットにしまったパジャマに包まれた夏服ごみを減らす方法

プラスチック製のケースが割れてしまった。以前なら何買おう!ってなるところでしたが、今回は家にあるもので代用しようと思う。

着古したパジャマ

旦那さんの着なくなったパジャマをボタンを外して、その中にしまいたいものを乗せる。

服を包むようにボタンを閉じる

ボタンを閉じて、

腕部分を結った状態

腕部分を結って完成。

包み終わった物の横からの状態

横から見るとこんな感じ。

クローゼットにしまったパジャマに包まれた夏服

 

クローゼットにすっきりしまえました。

先日ヤフオクで買った風呂敷では大きすぎて、普段使っている風呂敷では小さすぎる。何か他に代用できるものはないかと家中を探したところ目についた、裁断待ちのパジャマ。新しい入れものを買う必要もなくなったし、服も再利用できたし、なかなか良いんじゃないと自画自賛。こういう発想は昔のわたしではなかったなぁと自分の変化にしみじみしました。

気づいてる? ファストファッションの裏にある真実。
安くて早いファストファッションは、多くの人にとって手が届きやすく人気だが、その裏にある代償をご存知だろうか?『TEEN VOGUE』が配信する動画で、普段スポットライトが当たらない問題に目を向けてみて。

おすすめ本

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごみを減らす方法 ゼロウェイスト
フォロー
 
かわさんどっとわーく
タイトルとURLをコピーしました