【ごみ減量チャレンジ2/14~2/20】ごみが多い原因がわからないのが1番良くない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2/14~2/20ごみ袋

2/14~2/20の7日分で2600グラム、1日あたり約375グラム(前回:270グラム)

缶ごみ:なし ペットボトルごみ:なし 瓶ごみ:なし

前回のごみ袋の主な中身です。
豆腐の容器(2個)、焼きそばの袋、焼きそばソースの袋、もやしの袋(複数)、チョコレートの包装(複数)、冷凍食品の袋(複数)、インスタントラーメン(1食分)、焼き芋が入っていた紙袋、から揚げ粉の袋、不在表、レシート(1ヶ月分)、野菜の袋(複数)、納豆の容器、あずきの袋、マスク、ボディクリームのフィルム、ボディクリームの内蓋、緩衝材、ガムテープ、油揚げの袋、ラップ、カップラーメン(2食分)、パンの袋、排水溝のごみ、掃除機のごみ、生ごみ(7分)、歯間ブラシ、糸ようじ、ティッシュ、キッチン洗剤の容器、薬の包装、お菓子の袋(複数)。

そんなに大きなごみを出したつもりがないのにこの重さ。洗面所や旦那さんの部屋のごみ箱の中身まではチェックしてないのですが、それにしても。なんとなく生ごみが多かったのかなという印象ですが、このモヤっとするのはいちばん良くないパターンです。メモしきれてないごみも多かったんだと思います。モヤっとしないようにするためにメモを始めたのになんてこったい。

プラごみ「リサイクル」ではなく「徹底削減」が最優先だ! その理由(サイエンスポータル)
このままでは海洋生物の総重量を超えるとされるプラスチックごみ。体内に入ってもそのまま排出されるから害は少ないのでは……という思い込みに終わってはいけない。「現場百遍」をモットーに、まずプラスチックの徹底した「削減」を訴える高田秀重氏(東京農工大学教授)への大型インタビューをお届けする。
再加工!節分豆とバレンタインチョコを新たな菓子へ!「食品ロス」を軽減
株式会社ビューティフルスマイル(本社:大阪府大阪市西区、代表取締役社長:文美月)は、食品ロス削減通販サイト『ロスゼロ』において、「食品ロス」削減の取り組みの1つとして、販売機会を逃した 「節分用の大豆…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごみ減量チャレンジ ゼロウェイスト
フォロー
 
かわさんどっとわーく
タイトルとURLをコピーしました