「こんまりさん特集」を見ていたら服を何枚持っているのか数えたくなったので数えてみました。

 

昨晩テレビでこんまりさん特集があるとTwitterで知ったので録画予約をして、寝る前に見ました。人が片付けてるのを見ると自分も何かしたくなりますね。わたしは「こんまりさん」よりも「ゆるりまいさん」の方が影響力ありましたが。

数年前に大がかりに整理整頓をしているのでテレビでやっていたようなことはしませんが、今の自分は服をどのくらい持っているのか把握してみたいと思います。持っている服を数えるなんて初めてだ!

(今回下着類は服にいれません)

クローゼットに入っている普段着はこれで全て。
撮影用にかなり窮屈にまとめていつもとは違う配置にしてます。

他には喪服が1着。

ハンガーにかかっていないのは夏物と冬物です。

クローゼット以外には洋服掛けにジャケットとレインウェア。あと今自分が着ている上下と洗濯中の服。

これで全てです。実は実家にもありますとか、どこかのトランクルーム預けてるなど、そういったのは一切ございません。

さて全部集めたところで数を数えていきます。

  • レインウェア上下 1着
  • スーツ 1着
  • 喪服 1着
  • コート 2枚
  • ジャケット 3枚
  • デニム 3本
  • デニム以外のボトムス(春秋冬) 7本
  • デニム以外のボトムス(夏) 5本
  • ニット 4枚
  • ベスト 1枚
  • カーディガン 6枚
  • Tシャツ 6枚
  • カットソー(半袖) 3枚
  • カットソー(長袖・7分丈) 8枚
  • シャツ 10枚
  • ワンピース 9枚

自分はあまり持っていない方だと思っていましたが、数字でみるとけっこうある。びっくりなのはデニム以外のボトムスとシャツの数。アイロンがけばかりやっているのはそのせいか。もうこれらを買うのは控えよう、本当に。今回確認できて良かった。

部屋着(部屋着とは自宅内でしか着られないものだと思っています)というのをやめたので、この服で外は出られないというのは今のところ1枚もありません。分けているとすれば自宅&自宅周辺お出かけ用とそれ以外のお出かけ用ぐらいでしょうか。
部屋着を着ていたときはちょっとした外出のたびに着替えていましたが(くたびれたのを着ていたんです)、今はそれがなくなりフットワークが軽くなったように思います。

 

最後にこんまりさん特集を見た感想です。

もう行かないかもしれないからと昔旅行先でもらったレシートが手放せない、あのときに着た思い出の服だから手放せないという感覚はなかなか理解が難しいところでした。たぶんわたしの母がわたしや妹が赤ちゃんのときに使ったおくるみやガーゼケットを保管しているのと同じなんでしょう。
でも昨日寝ながら考えてしまいましたが、わたしももしかしたら自分の物ではそうならなくても、もし自分の家族の誰かが亡くなったときに、好きだった本とか好きだった服を思い出と共にしまっているような気がします。考えてたら怖くなってきてしまいました。

こんまりさんはメディアなどでよくお見かけしますが、服がいつもシンプルだけど品があって素敵だ。

おすすめ本

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります

LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵

もたない男 (新潮文庫)

Instagram