2019年夏の伊豆大島旅行!しまぽ通貨と株主優待でお得に遊んできた!【観光編・前編】

大変な災害のあとなので記事を公開するか迷いましたが、「災害のあった島」ではなく「山あり海ありおいしいご飯ありの最高の島」としてみなさんの記憶に残ってほしいので公開しました。
落ち着いたら復興支援もかねてぜひ伊豆大島へ。

 

前回の【大島温泉ホテル宿泊編】に続いて【観光編】です。

今回は今までの旅行で行きそびれた場所を中心に観光してきました。

観光のついでに寄ったスーパーなどのお店もご紹介!

【1日目】スーパー:大島ストア

大島ストア外観
朝9時からやっているので、観光前の食料調達に何度か利用しました。

大島ストアで売られている弁当

お土産を買う店ではなく地元の人が普段使いする、よくある普通のスーパーです。お弁当やお寿司、惣菜が豊富です。島寿司には出会えなかった。

【1日目】海水浴場:日の出浜

岡田港のすぐ近くにある海水浴場。
今回は泳ぎませんでしたが、前回の旅行で泳いだときはハコフグなどの魚がけっこういました。

海を見ながら大島ストアで買ったおにぎり弁当を食べる。具の量がすごかった。

朝早いので人が少ない。囲まれているのでお子さんも連れでも遊びやすいと思います。

富士山が見えました。

【1日目】観光:裏砂漠(温泉ホテルルート)

温泉ホテルルート入り口

未だ行けていなかった裏砂漠。前回は「月と砂漠ライン」から行きましたが(濃霧だったので引き返した)、今回は宿泊しているホテルから行ける「温泉ホテルルート」から。

「裏砂漠」は国土地理院が発行する地図に唯一「砂漠」と表記された場所

道順に写真を載せていきます。

まだ緑が多く、風はまだ弱い。

地面はこんな感じです。

地面がジャリジャリなので、サンダルは避けたほうが良さそうです。

大きな岩のようなものが増えてきました。

眺めの良い場所にテーブルセットがあったので一休み。

ここまできたらもうすぐです。

地面の様子は石が細かくなってきました。

急な斜面を登ったら裏砂漠に到着!

風が強いので雲の流れが速く、雲の陰がひゅーっと移動するのが見ていて楽しい。

こちらが山側の景色。

こちらが海側の登ってきたほうの景色。

天気が良くて本当にうれしい。

ソーラーパネルがポツポツと設置されていました。

東海汽船:日本唯一の砂漠“裏砂漠”

ロケ地としても有名なようです。

もっと上まで登れますが山頂は以前に行っているので、今回は裏砂漠を見て帰りました。
強風のせいと気温が若干低いので肌寒かったです。

【2日目】海水浴場:秋の浜

前回の旅行最終日に知ったこの浜。ずっと来てみたかった場所。

めちゃくちゃきれい。

ここは飛び込み台があり、みんな度胸試しみたいな感じで飛んでました。

ダイビングスポットとしても人気。

左側はわりと浅いですが、右側はすごく深いです。ハシゴがあるので海に降りやすい。

写真ではわかりにくいですが、魚いっぱいいました。

【2日目】お店:ぶらっとハウス

大島旅行では毎度来る「ぶらっとハウス」。

牧場内にベンチがあったので、海で冷えた体を温めつつお昼ご飯。

ぶらっとハウスで買ったパン。

すごく美味しかったです。

隣が飛行場なので、飛行機やヘリが見られました。

【2日目】海水浴場:野田浜

ここも今回初めて訪れた海。魚は少なめ。

駐車場にあったトイレがオストメイト対応トイレでした。

【2日目】海水浴場:万立浜

通りかかって気がついた浜。

景色がとても良いです。

写真右側に泳いでる人が見えたので降りてみました。コンクリートで固められた傾斜を降りると海に入れます。
地元の人が多く、毎日畑が終わったらここで泳ぐのよーとおばちゃんと世間話。流れが速いので気をつけてねとアドバイスいだたきました。

【2日目】海水浴場:弘法浜

最後に大島で1番広いビーチ、弘法浜へ。

浅瀬なのに大型の魚が多かったです。午後になると波がすごく高くなるので注意。

ここはごみがすごかった。
オンシーズンは近くにあるプールも無料で利用できます。

 

どの場所も駐車場と水道とトイレが揃っており、さすが東京都という感じでした。シャワーはあったりなかったり。体は良いけど顔は洗っておきたい。

長くなってしまったので【観光編・後編】に続きます。

おすすめ記事

かわさんどっとわーく:2019年夏の伊豆大島旅行!しまぽ通貨と株主優待でお得に遊んできた!【大型客船さるびあ丸乗船編】

かわさんどっとわーく:2019年夏の伊豆大島旅行!しまぽ通貨と株主優待でお得に遊んできた!【大島温泉ホテル宿泊編】

かわさんどっとわーく:【伊豆七島/大島】魚貝もスイーツもある!伊豆大島旅行で利用した飲食店をご紹介!

かわさんどっとわーく:【伊豆七島/大島】東京から1時間45分で行ける!伊豆大島のおすすめ観光スポット!

おすすめ本

イラストレーターちゃずの 夫とちょっと離れて島暮らし

流されて八丈島~おたくマンガ家のテンパり島生活~ (ぶんか社コミックス)

 

Instagram