【ごみ減量チャレンジ9/1~9/14】旅のごみ問題と風呂敷の魅力にはまる。

9/1~9/14の14日分で1575グラム、1日あたり約112グラム(前回:約122グラム)

缶ごみ:なし ペットボトルごみ:2本 瓶ごみ:なし

今月に入ってからごみ出しの時間までに仕事から帰ってこれなくなったので、計量とごみ袋の写真撮影は旦那さんにお願いしています。お付き合いいただき本当にありがとうございます!

今回は9/1~9/5の夕方まで旅行で家を空けていたので正確には9/6~9/14の9日分。9日で計算すると1日あたり約175グラムになります。
旅行から帰ってきた日の夕食は近所のヨーカドーで見切り品のお弁当を2個買ったので、リサイクルに出せない容器(蓋は透明なのでリサイクルに出せる)がかさばりました。あとは焼酎のパックや豆乳のパックはやはり重い。アルミ付き容器の回収を近所でしてもらえるようになれば、もっと軽くなるのにと毎度思う。

旅先では楽しむのを選ぶか、それとも徹底してごみを出さないことを選ぶかで悩みましたが、結局ケーキ買ったりお弁当買ったりと多数のごみを出してしまいました。持ち帰りではなくお店で食事ができたら良かったんですが、飲食店が少ない場所だったため難しかったです。
(旅先は伊豆大島でした)

伊豆大島に限らず離島はごみ問題を多く抱えています。オンシーズンなどは島内の焼却施設ではごみの処理が追いつかず(焼却施設の規模が小さい)に島外へ船で輸送したり、また海の漂着ごみの撤去などにもコストが多くかかっているとのこと。
ごみは極力出さないのがもちろん良いですが、観光を楽しむためのごみは(お土産や飲食物など)島の活性化の為にも必要悪なのではと考えたりします(もちろんごみはごみ箱へは当然です)。でも通常の日常生活で使う物(歯ブラシなどのアメニティ)に関しては使い捨てせずに自分の私物を使うのが大事な事なのかなと。
旅行バッグはなるべく軽い方が良いんですが、そうもいってられないごみ問題。

今回の旅で買ったもの。今こうしてみ見ると恥ずかしい。
(自分が出したごみに関しての話です)

ゼロウェイストな旅行は難易度がとても高い。とりあえず次回の旅は夫婦2人分のカラトリーやマグを持参をしようと思います。これぐらいならキッチンがない部屋を借りても洗える。

 

さて話は変わり、先週のエコ、脱ブラ、ごみ減量活動。

未使用の綿素材の風呂敷、中古で2枚1000円でゲットしました。

かわさんどっとわーく:割れた衣装ケースの代わりに、着なくなったパジャマで服を包む。

今年の2月に試みた、割れた衣装ケースの代わりに着なくなったパジャマで服を包む作戦。

冬物のパジャマも包んだら今にも破けそうな感じに。

天袋から下ろしたときにボタンがはじけ飛びました。

洗った風呂敷で包み直してすっきり。風呂敷のサイズは三巾です。
右が冬服、左は冬物のパジャマやインナー類を包みました。

おばあちゃん家の天袋っぽくなってしまいましたが、風呂敷の魅力にすっかりハマっているわたしです。

かわさんどっとわーく:ダイソーの布団収納袋はもう買わない、風呂敷を布団収納に使う。

あとはプラスチックや使い捨てが多い化粧品関係で。

アルミ容器入りの日焼け止めと、

ペンシルタイプのコンシーラーを買いました。

久しぶりに買ったコンシーラー。プラスチックを避けようと探したところ見つけた商品です。残念ながらビニール包装とキャップはプラスチックでしたが、キャップは使い終わったら鉛筆のキャップとして再利用できそうです。
ちなみにコンシーラーとしては今までで最高の使い心地でした!頬のシミ消えた!

スチームクリームは通販で買うか悩んでいたところ近所でイベント出店していたので買いました。

配合している原材料及び製品の動物実験は一切行っておりません。また動物由来の原料も一切使用しておりません。

公式ホームページより

容器もそうですが、こういったところも素敵です。

おすすめ記事

かわさんどっとわーく:「布団ばさみ」の代わりに綿のロープを使ってみる。

かわさんどっとわーく:【ごみ減量チャレンジ4/28~5/4】我が家で常備している物でどんな消耗品や使い捨てがあるか書き出してみた。

おすすめ本

「脱使い捨て」でいこう! ; 世界で、日本で、始まっている社会のしくみづくり

大江戸リサイクル事情 (講談社文庫)

見てわかる!図解 経皮毒

Instagram