【ごみ減量チャレンジ9/22~9/28】食品ロス削減のK点越え、職場から持って帰ってきた煮汁を再利用して煮物作ってみた。

9/22~9/28ごみ袋

9/22~9/28の7日分で735グラム、1日あたり約105グラム(前回:約215グラム)

缶ごみ:なし ペットボトルごみ:なし 瓶ごみ:1本

前回より減りました。前回の計量がすごい数字だったので我慢と手間暇の週でした。
上記の写真に写っている黒い四角は弁当箱の容器です。仕事終わりの「お弁当持って帰ります?」の一言に、ごみ削減か食品ロス削減か一瞬グラグラして食品ロス削減を選びました。容器がリサイクルに出せるやつだったら良いのになぁ。

都内ではこんな取り組みもあるようです。船橋駅前のデパ地下とか駅ビルのお弁当屋とかでもこういう仕組みできないかな。

 

さて先週、個人的には食品ロス削減のK点越えな「職場(飲食店)で残った煮物の煮汁を持って帰ってきて家で再利用しよう作戦」がついに実行されました。
わたしの職場は全て無添加のとても良い調味料を使っていて、毎度煮汁捨てるのもったいないなと思いながら鍋を洗っていたんですが、このときはスライスした生姜が多く残っていたのでこれはちょっとと思いながら鍋を眺めていたら社員さんが「良ければ煮汁持って帰ります?」と声をかけてくださり、欲しいです!と即答。いそいそとタッパーに詰めて帰宅しました。

持ち帰った煮汁と切った大根

鶏が入っていたので油がすごい。

鍋に入れた煮汁と大根

冷蔵庫に残っていた大根と煮汁をどーんと鍋へ。

煮始めた大根

大根を柔らかくなるまで煮て、鶏肉がなかったので豚こまを入れてさらに煮て、火が通ったら冷まして味を染みこませる。

お皿に盛った豚大根

捨てるところだった煮汁を再利用した豚大根の完成です。
昼食に食べたら肉がなくなってしまったので更に肉を追加して夕食にもなりました。生姜がたくさん入っていておいしかったです。肉は鶏で作った方がもっと良かったかな。

もちろん家族は職場から持ち帰った煮汁で作った煮物というのをわかったうえで、おいしい!と言ってくれていたので安心しました。
これを機に残った煮汁は積極的に持ち帰り再利用していこうと思います。具材入れるだけなので簡単で良い。

さぁ次回の計量でごみ減量チャレンジ1周年です!今週も頑張ります!

おすすめ記事

かわさんどっとわーく:食品ロスもごみも減らしたい主婦が作る、スーパーの見切り品食材を使った豆乳アイス。

かわさんどっとわーく:目の前で捨てられたネギを救出、ネギの青い部分は食べる?食べない?

かわさんどっとわーく:リボベジした小松菜の育ちがすごい!今年のミニトマトは塩害にも負けず強かった。

おすすめ本

大量廃棄社会 アパレルとコンビニの不都合な真実 (光文社新書)

「脱使い捨て」でいこう! ; 世界で、日本で、始まっている社会のしくみづくり

おしゃれなエコが世界を救う

Instagram