【ごみ減量チャレンジ#53】地産地消を叶える!船橋市にある農産物直売所「ふなっこ畑」についてちょっと紹介。

11/10~11/16の7日分で1090グラム、1日あたり約156グラム(前回:約195グラム)

缶ごみ:缶詰2缶 ペットボトルごみ:なし 瓶ごみ:なし

前回より減りました。ちょっとずつ3桁に近づいてる。
やっぱり普段の買い物を自分が積極的に行かないと、旦那さんが包装された商品をどんどん買ってきちゃうので困っている。自分じゃ絶対選ばない商品で食品庫いっぱいだし無買デーが減っているので気をつけたい。

今回の主なごみは、
キッチンの排水溝のごみ(7日分)、豆腐パック、ラップ、コーヒー豆の袋、頂き物のお茶パック(2パック)、揚げ物のときに床に敷いたチラシ(2枚)、使い捨てウエス(複数枚)、プラスチックトレー、お菓子の袋(2袋)、玉ねぎの皮、シーフードミックスの袋、チョコの包み紙(複数枚)、ティッシュ(複数枚)、豆乳のキャップ、割れたプラスチック片、緩衝材(複数枚)、ポテトチップスの容器、パスタの袋、スープの素の袋(複数)、重曹が入っていた大袋、スプレーのヘッド、ティッシュが入っていた袋、使わなくなった泡ボトル、掃除機のごみ、割れた洗濯ばさみ(2個)、雑がみに出せないDM(複数枚)、カレールーの袋、野菜の包装。

キッチンのごみ箱以外では、
お風呂の排水溝のごみ、コンタクトレンズの容器の蓋(容器はリサイクル)、糸ようじ(複数本)、アルコールティッシュ(複数枚)、などが入っていました。

かわさんどっとわーく:『プラスチック・フリー生活』読了!プラスチック度チェックをやってみた。【寝室編】

上記の記事で紹介しているピンチハンガーが割れはじめてきたので、そろそろ寿命な予感。きっとこれからどんどん割れて減ってくる。またプラスチック製品のを買っても同じ繰り返しだと思うとげんなりするので、次回はやはりステンレス製のピンチハンガーでしょうか。重そうなので使い勝手が少々心配ですが。

 

かわさんどっとわーく:ビールも地産地消!千葉県船橋市で作られているクラフトビールを飲んでみた!

今回は前回の記事で紹介した船橋市の「ふなっこ畑」についてちょっと紹介。

地元の野菜は米はもちろん、

千葉県産の乳製品や肉類、

船橋市近辺で作られたお酢やハチミツ、

マヨネーズなんかも買えます。
このマヨネーズはおいしい、しかも瓶入り!

魚などは干物などの加工品や冷凍物が売られています。ホンビノス貝もたまに売ってます。

自宅から「ふなっこ畑」まではかなり距離があるのでたまにしか行けませんが、この店の近所に住めたらいいなぁといつも思う。近くに大きな公園もあるし。
ただ屋内で売られている野菜はほとんど包装されて売られているので(たまにある屋外販売は包装なしで買える)、それがちょっと残念。今回は大根が1種類だけ包装なしで100円で売られていたので買ってきましたけど。すごい形だったのでたぶん訳あり品だったんだと思う。

 

瓶に入ったかぼすのはちみつ漬け

先週はかぼすをたくさんいただいたので「かぼすのはちみつ漬け」を作りました。かぼすが多すぎて甘さ控えめになってしまいましたが、お湯にといて飲むとおいしい。

はちみつ漬けにできなかったかぼすは小分けにして冷凍しました。氷代わりにお酒に入れたり、凍ったまますりおろして料理に使いたいと思います。

リボベジした小松菜

あとはまた小松菜をリボベジしてみました。
なぜだか今回は育ちが悪い感じなのでうまくいかない予感がする。プランターの他に水耕栽培でもやってみようと思います。

おすすめ記事

かわさんどっとわーく:脱プラスチックを意識した調味料選び、購入店(船橋市内)と簡単レシピもご紹介!

かわさんどっとわーく:ミニマムウェイストでプラスチックスマートなおやつを食べる工夫、食べなきゃいいは違うんです!

かわさんどっとわーく:みかんは果肉も皮も楽しめる!果肉でお酒、皮で甘露煮作り。

おすすめ本

温めも デトックスも いつもの飲み物にちょい足しするだけ! 薬膳ドリンク

環境を知るとはどういうことか 流域思考のすすめ (PHPサイエンス・ワールド新書)

住まいと暮らしのサイズダウン 広さ、ものを手放して小さくすっきり暮らそう

Instagram