【ごみ減量チャレンジ#55】究極の無駄遣い、収納グッズはもう買わない。

2019/11/24~11/30ごみ袋

11/24~11/30の7日分で1105グラム、1日あたり約158グラム(前回:約122グラム)

缶ごみ:なし ペットボトルごみ:1本 瓶ごみ:調味料の瓶1本

あっという間に4桁に逆戻り。
今回の主なごみは、玉ねぎの皮、使い捨てウエス(複数枚)、アルミホイル(水耕栽培に使ったもの)、揚げ物時に床に敷いたチラシ(複数枚)、薬の包装(7日分)、ティッシュ(複数枚)、豆乳パックのキャップ、豆腐のパック、野菜の袋(複数)、アイスのプラスチック容器、魚肉ソーセージの包装、お茶っ葉の袋、チョコの包装、おせんべいの袋、にぼしの袋、冷凍食品の袋(複数枚)、油揚げの袋、瓶やペットボトルのラベルとキャップ(複数)、雑がみにできないDM、使い古したタオル(複数枚)、キッチンの排水溝のごみ(7日分)など。

キッチンのごみ箱以外では、
お風呂の排水溝のごみ、コンタクトレンズ(4日分)、コンタクトレンズの容器の蓋(4日分)、糸ようじ、使い捨てウエス(複数枚)、試供品の袋(複数)、アルコールティッシュ、プランター整理したときに出た庭の草木、など。

仕事中に使っていたタオルを複数枚捨てました。雑巾にするにもちょっと微妙だなと思って二次利用しませんでした。嵩張るし重さに響きます。
あとはいつか使おうと思っていた試供品のトリートメントを消費しました。シャンプーを買ったときに付いてきてしまったものです。先週で使い切りました。試供品を保管していた場所も空いてすっきりしました、ごみはでてしまったけど。

 

さて、先週の主なエコ活動は2つ。

タッパーに入ったフランスパン

見切り品のパンを容器持参で購入。まだ食べ終わっていない食パンがあったので切って冷凍しておき、後日おいしくいただきました。

実家からもらってきた裁縫用の糸

裁縫用の糸がなくなってしまったので店に行ったところ、もしや実家にいっぱいあるのでは?と母に聞いたところ、あるよー!ということでもらってきました。聞いてみるものです。新品の物を買わずに済みました。

 

先週は使い捨ての洋服カバーなどに続いて、また二度と買わないと思った物があります。

それは収納グッズ!

いらなくなった収納ケース

ずいぶん長いこと使った衣装ケースです。

かわさんどっとわーく:古着と風呂敷と炭で環境に優しいクローゼットを目指したい。

上記の記事で紹介したときはまだ使っていましたが、中はたいして入っていませんでした。スカスカの収納ケース邪魔だなぁと思っていたところ、もう3年ぐらい使っていない旅行用のボストンバッグがあったので試しにそっちへ中身を移したところ、これでいいじゃん!ということになりお役御免となりました。
他で使う場所もないのでまたジモティー掲載を検討中です。粗大ごみにならないといいんだけど。

これで旦那さんの部屋以外の部屋から(わたしの部屋、キッチン、ダイニング、寝室、トイレ、洗面所、お風呂場)プラスチックの収納ケースというものはなくなりました。元からたくさんあった訳ではありませんが、物が減るごとに不要になっていくケース類。無駄金だったなぁと猛省です。

衣装ケースをボストンバッグにした使い心地については、また別の記事で。

おすすめ記事

かわさんどっとわーく:ミニマムウェイストでプラスチックスマートなおやつを食べる工夫、食べなきゃいいは違うんです!

かわさんどっとわーく:セルローススポンジが分解されてる?消耗品用バケツコンポストを掘り返してみた。

かわさんどっとわーく:「こんまりさん特集」を見ていたら服を何枚持っているのか数えたくなったので数えてみました。

おすすめ本

京都嵐山 エコトピアだより

プラスチックスープの海 北太平洋巨大ごみベルトは警告する

「エコ罪びと」の告白

Instagram