【ごみ減量チャレンジ#65】その根っこまだ使えます「リボベジ小松菜」栽培中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゼロウェイストとミニマリストを両立させたい主婦です。

ごみ減量チャレンジ、先週の可燃ごみ計量結果発表!

2020/2/2~2/8ごみ袋

2/2~2/8の7日分で900グラム、1日あたり約129ラム(前回:約94グラム)

缶ごみ:なし ペットボトルごみ:なし 瓶ごみ:550グラム

今回の主なごみは、
魚肉ソーセージの包装、パンの袋、化粧水の詰め替え用、クリームの詰め替え用、クエン酸の袋、ハイターのプラスチック容器、まかない弁当の容器、じゃがいもの袋、ナイロン製のポーチ、緩衝材、ティッシュ(複数枚)、カルピスのプラスチック容器、スープの素の袋(2袋)、オートミールの紙袋、豆の袋、揚げ物のときに床に敷いたチラシ、使い捨てウエス(複数枚)ラップ(複数枚)、掃除機のごみ、など。

瓶ごみはワインの瓶が1本。

キッチンのごみ箱以外では、
お風呂の排水溝のごみ、糸ようじ、使い捨てウエス(複数枚)、アルコールティッシュ(複数枚)、マスク、コンタクトレンズ、など。

 

キッチンハイターは今回ので最後、今後は過炭酸ナトリウムを使っていくことにしました。洗濯槽掃除にも使えるということで大容量のものを購入。
ナイロン製のポーチは整理整頓で出てきたもの。オートミールは紙製で個包装のを食べきったので、次回は個包装ではないものを選びたい。オートミールを使ったクッキーとか作ってみたいなぁと妄想中。

 

プランターのリボベジ小松菜

昨年植えたリボベジ小松菜がとても大きくなりました。買ったときのサイズに戻りそうな勢い。

リボベジした小松菜の根っこ

近所のスーパーで包装なしで買える小松菜の立派な根っこを、

水に浸けた小松菜の根っこ

しばらく豆腐パックの風呂に入れて、少し葉が伸びてきたら土に植えています。
これがあんなに育つんだからリボベジはおもしろい。

食べられた小松菜の葉

しかしナメクジもいなくなったのに食い荒らされる葉っぱ、犯人捜しをしていると、

青虫

お前かー!というヤツを発見!

(この後、砂利の上にポイしました)

浅いプランターに植えた小松菜

もうひとつ別のプランターにもリボベジ小松菜が植わっているんですが、こちらはなかなか伸びず。
こっちも食い荒らされてひどい。

このプランターは浅いので根が張りにくいのかなと思い、深いプランターに植え替えてみました。

プランターから抜いた小松菜

想像以上に立派な根を張っていてびっくり。そりゃ狭いね。

植え替えた小松菜のプランター

ゆとりあるプランターに移動です。大きくなってくれれば良いんだけど。

リボベジねぎと大根

室内のリボベジねぎとリボベジ大根も元気に育ってます。

おすすめ記事

かわさんどっとわーく:【ごみ減量チャレンジ#58】見切り品のネギをリボベジ、食品ロス削減と再生野菜で達成感。

かわさんどっとわーく:リボベジした小松菜の育ちがすごい!今年のミニトマトは塩害にも負けず強かった。

かわさんどっとわーく:リボベジ失敗、ほうれん草は小松菜のようにはいきませんでした。

おすすめ本

うちエコ入門―環境先進国スウェーデン出身ペオさん夫婦をお手本に

自然保護を問いなおす―環境倫理とネットワーク (ちくま新書)

エコロジストでいこう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごみ減量チャレンジ
フォロー
 
かわさんどっとわーく
タイトルとURLをコピーしました