ミニマリストに憧れる主婦の2020年春夏のクローゼット。

ゼロウェイストとミニマリストを両立させたい主婦です。

冬服に続いて2020年の春夏のクローゼットを整えて、枚数を数えてみました。

職場が臨時休業中だったため、その休みの間に衣替えをして整理整頓しました。
最近襟付きの服が似合わなくなったので、襟付きシャツワンピースなどの服も含めて6枚を買取に出したら640円になりました。どれも長いこと着ていたので買い取ってもらえないかと思っていたら、全てに値段がついて嬉しい。

2020年の春夏の洋服全て

そして残った春夏服、今年は追加で買わずにあるもので済ませたい。

2020年の春夏の洋服のカテゴリー分け

ここ1ヶ月ほど出番がない仕事着。こちらも衣替えしました。

普段着は今撮影中に着ているのを合わせて2セットあります。
暑くなってくるとこまめに着替えたいので、お出かけ着の半袖が普段着になってしまうこともしばしば。

普段着とお出かけ着の違いは下記の記事にて。

かわさんどっとわーく:ミニマリストに憧れる主婦の2020年冬のクローゼット、冬服を数えてみた。

撮影時の格好

撮影中に着ている部屋着はこんな感じ。


春用のアウターは1枚。
今年は春に出番がないまま夏になってしまいそうだ。

 

さて、春夏服を数えてみる。

  • パンツ 6枚
  • カットソー(長袖) 2枚
  • カットソー(7分丈) 5枚
  • カットソー(半袖) 5枚
  • カットソー(袖なし) 2枚
  • カーディガン 2枚
  • ワンピース(長袖) 2枚
  • アウター 1枚

春夏服は全部で25枚でした。

パンツは仕事用、普段着用、お出かけ着で2枚ずつ。
仕事用の服は古着屋で探します。飲食店勤務で調理や皿洗いですぐ汚れるので、それほど劣化が目立たなければ安ければ安いほどいい。
今の職場もコロナの影響でこの先どうなるかわからないし、と遠い目。

2020年春夏クローゼットの全体を写した写真

春夏服はコンパクト。

おすすめ本

旅で覚えたアジア的シンプル生活術

SELF CLEANING BOOK?あたらしい自分になる本

大量廃棄社会 アパレルとコンビニの不都合な真実 (光文社新書)

Instagram