まずは「知る」ことから!続!おすすめ本まとめ【環境問題系】

続!おすすめ本まとめ【環境問題系】おすすめ本一覧

環境問題に関する本で、読んで良かった本をまとめました。

(下にいくほど最近追加した本になります)

 

余談ですが、アイキャッチに使われている写真は久米島のウミガメ保護施設で出会ったウミガメです。

ちょうど赤ちゃんが誕生した頃に訪れたので、これまたかわいらしいウミガメをみることができました。

 

  1. 気候変動から世界をまもる30の方法
  2. 食料危機 パンデミック、バッタ、食品ロス
  3. 里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く
  4. 土 地球最後のナゾ 100億人を養う土壌を求めて
  5. 地球温暖化 「CO2犯人説」は世紀の大ウソ
  6. 海の色が語る地球環境
  7. ジェーン・グドールの健やかな食卓
  8. プラスチックと歩む その誕生から持続可能な世界を目指すまで
  9. 身近な環境・生活のホントがよくわかる本
  10. 誰のための熱帯林保全か
  11. 物理学者、ゴミと闘う
  12. 世界からコーヒーがなくなるまえに
  13. 世界から飢餓を終わらせるための30の方法
  14. ギフトエコノミー 買わない暮らしのつくり方
  15. ぼくは6歳、紅茶プランテーションで生まれて。
  16. ひと目でわかる 地球環境のしくみとはたらき図鑑
  17. 日本のSDGs それってほんとにサステナブル?
  18. 食糧と人類  飢餓を克服した大増産の文明史
  19. 家でみつかるマーク
  20. 資源争奪の世界史 スパイス、石油、サーキュラーエコノミー
  21. 13歳からのレイチェル・カーソン
  22. なぜ、脱成長なのか  分断・格差・気候変動を乗り越える
  23. プラスチックごみ問題入門  安心して暮らせる未来のために
  24. フードテック革命 世界700兆円の新産業「食」の進化と再定義
  25. 2030年すべてが「加速」する世界に備えよ
  26. これってホントにエコなの?
  27. その他おすすめ本まとめ

気候変動から世界をまもる30の方法

気候変動から世界をまもる30の方法: 私たちのクライメート・ジャスティス!

子どもといっしょに気候変動を知る・学ぶ入門書。
各国の最前線で活躍する研究者・活動家が、子ども向けにわかりやすく解説
約100点の写真と図表で、気候変動の問題がよくわかる!
世界中で深刻化する気候変動の問題を理解し、行動するためのツールに!

Amazon商品説明より

食料危機 パンデミック、バッタ、食品ロス

食料危機 パンデミック、バッタ、食品ロス (PHP新書)

ノーベル平和賞を受賞した国連世界食糧計画によると、新型コロナウイルス感染症拡大の 影響もあり、極度の食料不安を抱える人は2億7000万人に上ると推計されている。この深刻な食料危機はなぜ発生しているのか。食品ロスの専門家が膨大な情報を分析して解説し、さらに日本の食料危機の歴史や、食品ロスを防ぐための方法、昆虫食や培養肉に関する取り組みも語る。

Amazon商品説明より

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)

課題先進国を救うモデル。その最先端は“里山”にあった!!危機を超え未来を生む、すり潰されない生き方を提言!!

Amazon商品説明より

土 地球最後のナゾ 100億人を養う土壌を求めて

土 地球最後のナゾ 100億人を養う土壌を求めて (光文社新書)

世界の土はたった12種類。しかし、毎日の食卓を支え、地球の未来を支えてくれる本当に「肥沃な土」はどこにある?そもそも土とは一体何なのか?泥にまみれて地球を巡った研究者の汗と涙がにじむ、一綴りの宝の地図。

Amazon商品説明より

地球温暖化 「CO2犯人説」は世紀の大ウソ

地球温暖化 「CO2犯人説」は世紀の大ウソ

地球温暖化によって一体誰が困っているのだろうか?
海洋プラスティックによる汚染が問題だといわれるが、本当に人体に影響はあるのだろうか?
自然エネルギーは本当に環境にいいのだろうか?
貧困国に経済発展より環境問題が重要だといえるのだろうか?
地球温暖化、海洋プラスティック問題などの環境汚染と、リサイクル運動など環境保護運動の科学的検証と経済合理性を大テーマに、環境保護運動の「おかしさ」を突く。

Amazon商品説明より

この本は言葉の使い方が激しく、また書かれている内容に関してもレビューを見る限り賛否両論です。わたしはどちらの考えが正しいのか理解できるような人間ではありませんが、どちらの主張も知ることは大事なことだと思うので、おすすめ本として紹介しました。買わずに図書館で借りて読んでみてください。

海の色が語る地球環境

海の色が語る地球環境 (PHP新書)

水の時代と言われる二十一世紀現在、水の惑星において使える水が絶対的に少なくなってきているという状況に直面している。過度のインフラ整備により緻密な自然のシステムは確実に支障をきたし、垂れ流してきた有害化学物質は、一億倍に濃縮されてあなたの食卓に。
本書では、十数年もの間、観測船に乗り込み調査した著者が、海洋汚染の実態を報告。色鮮やかな写真と共に地球の未来を考える。

Amazon商品説明より

ジェーン・グドールの健やかな食卓

ジェーン・グドールの健やかな食卓

霊長類学者グドール博士が警告する。

第二次世界大戦後、技術と工業が栄える世界の中で、古くからの農業や水産業は失われてしまった。農薬で大地や水や空気が汚染され、動物たちには大量のホルモン剤や抗生物質が投与され、そのせいで人間も動物も苦しんでいる。もっと自然な食事を取り戻して、破滅へと向かう道から引き返そう。

Amazon商品説明より

プラスチックと歩む その誕生から持続可能な世界を目指すまで

プラスチックと歩む:その誕生から持続可能な世界を目指すまで

埋め立てられない、焼却できない、リサイクルできない、人体にも環境にも悪影響ばかり。しかし、現代の私たちはプラスチックなしの生活は考えられない。よりよい未来のための今できることをプラスチック研究者である著者が示す。

Amazon商品説明より

身近な環境・生活のホントがよくわかる本

身近な環境・生活のホントがよくわかる本

暮らしに密着した環境の問題や事実がよくわかる!
本書は、身近な自然環境や生活様式、食べ物、エネルギー、ごみ等々について、ネットにあふれる玉石混淆の情報から「ホント」を選出し、役立つように整理しました。

Amazon商品説明より

誰のための熱帯林保全か

誰のための熱帯林保全か?現場から考えるこれからの「熱帯林ガバナンス」

《「責任ある生産と消費」の裏側で起こっていること——。》

私たちの日用品であるトイレットペーパーやパーム油。
環境や持続可能性への配慮を謳った製品が流通するなかで、原産地インドネシアでは何が起こっているのか。
熱帯林開発の現場に生きる人びとが直面しているさまざまな問題を見つめ、「熱帯林ガバナンス」のあるべき姿を考える。

Amazon商品説明より

物理学者、ゴミと闘う

物理学者、ゴミと闘う (講談社現代新書)

地球環境の「基本的しくみ」とは?
地域の「つながり」の活かし方とは?
市民運動に立ち上がった科学者がわかりやすく説く「ゴミ問題解決法」。

●物理学の基本法則は警告する!
●「戦略10訓」から「もったいない10訓」へ
●生命を宿す星、地球のしくみ
●「美しい国」の国策はゴミ産業の興隆なのか!?
●対立から協働へ――今こそ市民の出番!

Amazon商品説明より

世界からコーヒーがなくなるまえに

世界からコーヒーがなくなるまえに

世界一のコーヒー消費国からコーヒーの未来を考える。大量消費と気候変動のせいで、私たちが今までのようにコーヒーを飲める日は終わりを迎えつつある。コーヒーを次世代にも残すために私たちは何をすべきなのか?環境に配慮した良心的なコーヒーの生産と消費は可能なのか?コーヒーの未来を、また食の未来を考えるための一冊。

Amazon商品説明より

独特な書き方というか言い回しな本でしたが、勉強になりました。

世界から飢餓を終わらせるための30の方法

世界から飢餓を終わらせるための30の方法

世界には69億人が住んでいます(2010年)。そして、すべての人が健康に生きるために十分な食料があります。けれど、世界では6人に1人が飢えている。この数字のうしろがわにある私たちの世界でなにが起きているのか、どうして飢餓がおきているのか、「食」という基本的人権が守られるために、わたしたちになにができるのでしょうか。

Amazon商品説明より

ギフトエコノミー 買わない暮らしのつくり方

ギフトエコノミー ?買わない暮らしのつくり方?

ヒマラヤの小さな村で「見返りをもとめない贈与」=真のギフトエコノミーに出会った著者は、友人と二人で不用品などのゆずり合いサイト「買わない暮らし」を立ち上げました。
そしてサイトはまたたく間に全米から世界各地に広がり、一大ムーブメントを引き起こしました。この運動は単にエコというだけではなく、隣人とのつながりも深めるという意味で、新しいライフスタイルを提言しています。

Amazon商品説明より

ぼくは6歳、紅茶プランテーションで生まれて。

ぼくは6歳、紅茶プランテーションで生まれて。: スリランカ・農園労働者の現実から見えてくる不平等

1杯の紅茶を通して見えてきたのは、19世紀から時がとまったような、あまりにアンフェアなこの世界の苦い現実。

スリランカの紅茶プランテーションでは、きょうも女性労働者は茶葉を手づみし、男性労働者は肉体労働に汗を流します。
封建的な労働環境・不衛生な住環境・社会からの差別的な待遇。人生の選択肢は望まなくてもただ一つ。母も父も祖母も祖父も、みんな同じように農園労働者になってきました。

日本で紅茶を飲む私たちにできること。

Amazon商品説明より

ひと目でわかる 地球環境のしくみとはたらき図鑑

ひと目でわかる 地球環境のしくみとはたらき図鑑 (イラスト授業シリーズ)

今回のテーマは国際社会全体が取り組むべき課題である「地球環境問題」。
経済開発や人口問題、国際化や難民問題などの人間社会に関わる側面と、温暖化や大気・海洋汚染、生物多様性への脅威など自然や科学技術に関わる側面、両方にまたがる幅広いトピックを抜き出し、地球が直面しているさまざまな危機とそれに対する取り組みとを、イラストと写真を織り交ぜて図解します。

Amazon商品説明より

日本のSDGs それってほんとにサステナブル?

日本のSDGs:それってほんとにサステナブル?

官民挙げて推進されるSDGs。でも中には疑問符がつく例も?
本当に持続可能な社会をつくるには、「ロゴだけ」ではない本質を見極める目が市民にも必要。各分野の日本の現状と取り組み例を紹介しながら問題提起する。

Amazon商品説明より

食糧と人類  飢餓を克服した大増産の文明史

食糧と人類 飢餓を克服した大増産の文明史 (日経ビジネス人文庫)

これまで人類は、大河の恵み、焼畑、鶏糞や屎尿など肥料の工夫、そして近代以降は種や品種の改良と化学肥料、農薬の発明によって、食料危機を何度となく乗り越えてきた。一方でこの100年の急激な食料増産は記録的なペースだった。その結果、人口急増、肉食の横行、土壌の疲弊、水不足、食料供給の不平等といった数々の問題が起きている。私たちはこうした難問をどう解決していくのか?
本書はSDGSの半分以上の項目に関係する内容であり、人類史レベルで持続可能な未来を考えていくうえで必須の本といえる。

Amazon商品説明より

家でみつかるマーク

家でみつかるマーク

この本では、身近なところで見かけるさまざまなマークを見開きで紹介し、それがSDGsのどの目標とリンクしているかを解説。身近なことからSDGsを学ぶことができるシリーズです。この巻では、家でみつけられるマークとして、「国際フェアトレード認証ラベル」「有機JASマーク」「レッドカップマーク」などを紹介。

Amazon商品説明より

資源争奪の世界史 スパイス、石油、サーキュラーエコノミー

資源争奪の世界史 スパイス、石油、サーキュラーエコノミー

人類は資源をめぐり争奪・競争・開発の歴史を繰り返してきました。資源なき日本とドイツが資源覇権国のアメリカ、イギリスに挑んだのが第二次世界大戦です。また、資源は固定化されたものではなく、石炭、石油、レアアース、再生可能エネルギーと歴史の流れにより変遷してきました。
世界の資源エネルギーは今後どのような方向に向かうのか、そしてそれはどのような争奪戦や競争を引き起こすのか、資源エネルギーの歴史を紐解くことで未来をも展望するスケールの大きな新しい世界史の登場です。

Amazon商品説明より

日本のエネルギーの歴史、知らなかったことが多く書かれていてとても勉強になりました。にほーーーーん!とツッコミしながら読んでしまった。
具体的なデータも載っており、書き方もわかりやすく読みやすいのでおすすめです。

13歳からのレイチェル・カーソン

13歳からのレイチェル・カーソン

私たちは、いまや分かれ道がいる。
20世紀の名著に挙げられ、いまも版を重ねる『沈黙の春』の出版60年を前に、化学物質や放射線による環境破壊を告発したカーソンの生涯を説き起こすとともに、『センス・オブ・ワンダー』などの著作を多角的に分析し、今も放つ未来へのメッセージを丁寧に伝える。

Amazon商品説明より

なぜ、脱成長なのか  分断・格差・気候変動を乗り越える

なぜ、脱成長なのか: 分断・格差・気候変動を乗り越える

繰り返される大量生産と大量廃棄、慢性化した長時間労働、広がり続ける格差、歯止めがかからない気候危機。
今、際限なき成長を追求する資本主義の矛盾と限界が露呈している。これを解決する経済社会ビジョンとして注目されるのが、「脱成長」だ。欧米で脱成長論を推進する旗手が、その基本的な考え方と実践例を紹介。
人々の意識変革を誘いながら、ベーシックサービスやケア・インカムの導入、コモンズの復権など、脱成長に向け必要な政策を論じる。”常識”を破り、真にゆたかな社会を構想する画期的提言の書!

Amazon商品説明より

プラスチックごみ問題入門  安心して暮らせる未来のために

プラスチックごみ問題入門: 安心して暮らせる未来のために (プロブレムQ&A)

夕食用のサンマの腹からプラスチックが。ウミガメの鼻に突き刺さっていたプラスチック・ストローを抜く痛々しい光景。
プラスチックの誤食から微少なマイクロプラスチックを介した生物濃縮にいたるまで、海でも陸でも大気でもプラスチックによる汚染と被害は深刻化している。

プラスチックはこれまで世界全体で90億トンが生産され、リサイクルされたのは9%しかない。日本の1人当たりの容器包装プラスチック廃棄量は世界2位という。どうすればいいのか?レジ袋対策だけですむのか?プラスチックの代替品、デポジット制、脱プラ生活まで、プラスチックごみ問題と対策をやさしくQ&Aで解説する!

Amazon商品説明より

フードテック革命 世界700兆円の新産業「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

2025年までに世界700兆円に達すると言われる超巨大市場「フードテック」。あなたの食体験はどう変わり、どんなビジネスチャンスが生まれているのか?
本物の肉のような「植物性代替肉」「培養肉」、食領域のGAFAとも言われる「キッチンOS」、店舗を持たないレストラン「ゴーストキッチン」、Amazon Goに代表される「次世代コンビニ」。

With&アフターコロナ時代の「食」在り方を探索し、世界最先端のフードビジネスを徹底解説する日本初のビジネス書が、ついに刊行!

Amazon商品説明より

2030年すべてが「加速」する世界に備えよ

2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ (NewsPicksパブリッシング)

小売、広告、エンタテインメント、交通、教育、医療、長寿、金融、不動産、環境。テクノロジーの“融合”によって、大変化は従来予想より20年早くやってくる。
エリック・シュミット(Google元CEO)、クリントン元大統領ら世界のビジョナリーが支持する「シリコンバレーのボス」が、この先10年のビジネス・産業・ライフスタイルを1冊で解説!

Amazon商品説明より

これってホントにエコなの?

これってホントにエコなの?

地球のために正しい行動をしたくても、あまりにも多くの要素が絡み合っていて、何がいちばんなのか分からなくなることもしばしば。
本書は、そんな日常生活で遭遇する140以上もの疑問に対し、事実に基づく解説とともに答え、あなたの「グリーン」なお悩みの解決をお手伝いします。
エコに関する一つひとつの難問の核心を見極め、自らの直感を問い直し、十分な情報に基づいた判断をできるようにして、環境にもたらす負担の軽減に取り組みましょう。

Amazon商品説明より

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

選書の参考になれば幸いです。

その他おすすめ本まとめ

かわさんどっとわーく:おすすめ本まとめ【環境問題系】

かわさんどっとわーく:おすすめ本まとめ【暮らし系】

かわさんどっとわーく:野菜に寒天に保存食など!おすすめ本まとめ【レシピ】

かわさんどっとわーく:環境問題やSDGsなど!おすすめの雑誌まとめ。

タイトルとURLをコピーしました