本を手放す、家で眠っている本を寄付しよう!

断捨離した本

本棚を整理しました。本を手放すときはブックオフの出張買い取りなどを以前は利用していましたが、すぐに来てもらえない(予約がたて込んでいる)のがちょっと気になっていたので、他にないか調べたところ『チャリボン』という仕組みを知り、それ以来いつもお願いしています。

『チャリボン』とは本を送るだけで、様々な団体に寄付することができる仕組みです。送った本の査定額を自分が指定した団体に寄付することができます。

 

適当な箱に本をつめて、チャリボンのサイトから回収日と時間を指定して待つだけ。査定額などは封書で送られてきていましたが、最近はメールで届くようになりました。
もしかしたらメルカリとかで売ったほうが高く売れるのでは?それを寄付したほうが良いのでは?と思うこともありますが、めんどくさい。さらに法律関係の本は時間がたつと期待できないので。値段がつかなかったものは、福祉施設やフリースクールへの寄贈、または古紙リサイクルへと送られてるそうです。
また自分が寄付した支援先にどれくらい集まっているのか、本が何冊集まったら何ができるのか、など寄付したその後がわかるのも良いなぁと思っています。

 

2018年6月1日~8月31日の間に8,789人が911,072冊を寄付
査定額は22,323,679円!

 

寄付するって実際やろうと思うとハードル高いと思いますが、『チャリボン』はこのぐらいならできる!っていうラインだと思うので、本の整理整頓をしたときはぜひ。

Instagram