【観光後編】サンキューちばフリーパスで行く、ムーミン列車に乗って房総の旅!

房総半島

『サンキューちばフリーパス』でムーミン列車に乗って房総の旅、前編の続きです。

かわさんどっとわーく:『サンキューちばフリーパス』でムーミン列車に乗って房総の旅、前編。

前編はこちら。

ムーミン列車に乗って房総の旅

国吉駅へ

大多喜から出発し国吉駅へ。5分停車のためうろうろ散策する。この写真の両側にムーミンがいたはずなんだがいなくなっている。

駅のムーミンショップ

駅にムーミンショップがあるよ、と運転手さんに声をかけていただきショップへ。もっと時間があったらじっくり見たかった!かなりの商品数です。

1番ムーミン感が強い駅でした。

車窓からサッと見えたムーミンママらしき姿。

急すぎて撮影難しい。

終点の大原駅に到着

終点の大原駅に到着。

さよならムーミン谷、さよならいすみ鉄道。

駅内にいすみ鉄道グッズがたくさん売っている駅もあるので、立ち寄ったときはぜひ。ムーミングッズもちらほらあります。

太海駅へ移動

本日泊まるホテル『潮騒リゾート鴨川』がある太海駅へ移動。ホテルの内容は別の記事で。

かわさんどっとわーく:房総の旅、楽天で星4つ以上の人気宿『潮騒リゾート鴨川』に宿泊。

駅周辺を散策

海沿いを歩く。

雲が多かったため、見た目の海の色が少し残念。でも近くで見るととてもきれいです。

2日目の散策

翌日、ホテル周辺を散策。猫スポットがあると聞きうろうろする。

もふもふ猫発見!

2匹の猫に出会えました。

江澤館

画家ゆかりの宿、『江澤館』。

木のキリン。奥の海がきれいです。

きれいなブルーです。

太海駅入口から天津駅前までバス移動

散策後、太海駅からの電車が1時間後だったのでバス停を探していたら、太海駅近くの「太海駅入口」というバス停(鴨川日東バス)から「天津駅前」までのバスが10分後に出ていたのでバスに乗ることにしました。フリーパスで乗れます。

バスからの眺め。肉眼だともっときれなブルーの海でした。鴨川シーワールドや亀田病院の前を通ったりしたので、観光もかねてバス移動も良かったです。

バスに揺られて15分ぐらいだったか、安房天津駅に到着です。

ここから外房で船橋駅まで帰宅しました。

ムーミン列車が今回の旅の目的。事前にいろいろ調べて行ったんですが、ムーミンの飾り付けなどはやはり劣化があるのか、撤去されているものもあったと思います。その辺が少し残念。でも2日とも天候に恵まれ良い旅となりました。

2日間使えるフリーパスと朝食付きのホテルで、1人約1万3000円ほどの旅費でした。安い!

千葉県生まれ千葉県育ちですが、近場で知らない場所、まだまだたくさんあります。夏にも遊びにきてみたい。シュノーケリングで魚見られるだろうか。

こんな記事もあります

かわさんどっとわーく:森に囲まれた宿!GoTo利用で1泊2食3250円!大江戸温泉物語『君津の森』に宿泊《宿編》

かわさんどっとわーく:郷土料理の房総巻も!GoTo利用で1泊2食3250円!大江戸温泉物語『君津の森』に宿泊《食事編》。

タイトルとURLをコピーしました