【犬吠埼ホテル】に宿泊!犬吠埼灯台や犬吠テラステラスまで徒歩5分で便利!《宿編》

【犬吠埼ホテル】に宿泊!犬吠埼灯台や犬吠テラステラスまで徒歩5分で便利!《宿編》房総半島

8月25日(木)・26日(金)の1泊2日で千葉県銚子市に行ってきました。

千葉とく旅キャンペーン利用です。
このキャンペーンが始まってから千葉県をあちこち旅しています。千葉生まれ千葉育ち千葉在住でも知らない場所がまだまだあるなぁと実感中。

旅で地元を応援したいですね。

千葉とく旅キャンペーン(公式サイト)

千葉とく旅キャンペーンについては上記のサイトでご確認ください。

宿について

宿は犬吠埼ホテルを利用。

絶景の宿 犬吠埼ホテル 公式HP

じゃらんからクーポンを利用して予約しました。

予約したプラン

【人気NO1】迷ったらコレ!スタンダード一泊二食付 銚子三昧プラン

最上階確約で洋室ツインの禁煙ルームを予約しました。

胃弱なのでビュッフェじゃない夕飯に少々不安を感じましたが(食べきれるかどうか)、料理の写真を見ると過剰な量ではないように見えたのでこちらを選びました。

\スポンサーリンク/
\スポンサーリンク/

【犬吠埼ホテル】に泊まってみた!

1日目

犬吠駅付近の景色

ホテルまでは銚子電鉄の犬吠駅から徒歩10分ぐらいです。

遠目から見た犬吠埼ホテル

ホテルが見えてきました。

高台からの景色、海が見える

ホテル近くの高台からの景色。

写真右のホテルは閉館してしまっているらしい、場所も良いし建物もきれいなのになぁ。

滅びた水族館の外観

ホテルまでの道のりにはニュースになった閉館した水族館が。

千葉日報オンラインTOP/県内ニュース/地域閉館した水族館に1頭…イルカの「ハニー」死ぬ/銚子

宿の外観

犬吠埼ホテルの入り口からの外観全体

ちょっとホロロンな外観。

駐車場の奥に見えるチャペル

ホテルの横にはチャペルがあります。

ホテル入り口

いざ!入場!

ロビー・カウンター

カウンターの雰囲気

カウンター。

ロビーを横から見た様子ロビー窓からの景色、海が少しだけ見えるアニメとのコラボパネルやコラボグッズなど

ロビー。

チェックイン

チェックイン時のテーブルの様子

チェックイン時間前に荷物だけ預かってもらおうと観光の途中で寄ったので、ついでにチェックインの手続きもできないか聞いたところ「それは無理です」と断られてしまった。

今まで利用した宿はついでに手続きしてくれるパターンが多かったのですが(チェックイン時間の混雑緩和の為に)、時間に厳しいホテルみたいです。

チェックイン時はやはり宿泊客で混み合い、しばらくロビーで待つことになりました。

泊まった部屋

長い廊下

最上階確約でしたが、最上階といっても3階です。

部屋全体の様子

今回は洋室です。

クローゼットの中、木のハンガーがかかっている

入ってすぐにクローゼット、扉を開け閉めするとギーコギーコと音をたてて古さを感じました。

ベッドの上に準備されている黄色い浴衣と説明書 ベッドの上に準備されている青色の浴衣

浴衣はベッドの上に準備されていました。袋の中にはホテル名が印刷されたタオルが入ってました。

壁沿いのテーブルの様子、テレビや電話、鏡など

壁際にはテレビや内線の電話など。

窓際のテーブルとイス2脚

部屋の奥にはイスとテーブル、右の出っ張った壁が邪魔な感じです。

部屋の窓からの景色、駐車場の車と海が見える

部屋からの景色はこんな感じ、海と広い駐車場が見えます。

イスに座ったときの景色

ここでコーヒー飲んだりアイス食べたり、まったりする空間になりました。

木製の棚、棚の上にはポットやグラスなど

その横には棚があり、

棚の中にある冷蔵庫

扉の中には冷蔵庫。

棚の上にあるお茶菓子や緑茶のティーバッグなど

冷水も用意されていたり、お茶菓子の醤油まんじゅうがとてもおいしかったです!

ユニットバスな水回り

水回りはこんな感じ。

ドライヤーとアメニティ 流しの様子、シャンプーやハンドソープなどが並ぶ

アメニティも一通り揃っています。

残念ながら掃除が行き届いていない部屋だった

髪の毛が落ちてるとか目立つごみや汚れはないんですが、目線の高さにある照明や壁にあるドライヤーの棚、ベッドの頭の部分にある棚?や、シャンプーやボディソープにホコリが多く溜まっていました。壁にも模様かな?と思って近寄ったらホコリがこびり付いていたりと残念な感じでした。

意地悪な姑みたいなことを言いましたが、せめて客の目に付くとこぐらいは拭き掃除して欲しいなと。

用意されていたグラスや湯飲みも綺麗じゃなかったので全て洗ってから使用し、ポットに用意されていた水や冷水も怪しく感じてしまったので利用しませんでした。

足湯

石作りの足湯

いつでも入れる足湯。

足湯の奥に見える海

眺めも良いです!

プール

海が見えるプール

チェックイン後は宿泊客で賑わっていました。最近流行のサウナイベントもあるようです。

青くライトアップされた夜のプール

夜間も利用できます!ナイトプール!

犬吠埼灯台への近道

水族館の看板に灯台近道と書かれた看板 近道の様子、草が生い茂っている

ホテル裏の駐車場から犬吠埼灯台への近道がありました。

夜は街灯がないので真っ暗です、気をつけて。

大浴場

廊下に立つ大浴場の看板

大浴場は泊まった部屋と大違いで掃除が行き届いていて良かったです!

タオルは大浴場前のカウンターでバスタオルとフェイスタオルを借りられるので、部屋から持って行く必要がなくてラク!

お風呂は源泉かけ流し風呂(一部の風呂のみ)に大露天風呂、打たせ湯に寝湯ジャグジーにアロマ風呂などいろいろ楽しめます。

お湯は肌がしっとりするとかではなく「ニキビ・消臭・水虫」に効くと書かれてるだけあって肌が突っ張るというか乾燥する感じでした。悪いものを落としてくれた気がします。

ゲームコーナー

薄暗いゲームコーナー

売店

売店の入り口 アイスが入っている冷凍ケースしょうゆソフトクリームの案内

醤油ソフトクリームの値段の違いは、事前にカップに入れて冷凍して置いてある商品が200円、注文してその場でソフトクリーム機械からカップに入れるのが330円とのこと。

自販機

ジュースやアイスの自販機お酒の自販機自販機がある空間の様子

自販機の値段はホテル価格などではなく普通でした。

ラウンジ・休憩コーナー

洗濯コーナー

洗濯機と乾燥機が1代ずつある洗濯コーナー

屋上

屋上開放の案内

関東最東端の犬吠埼は日本で一番早く初日の出を見ることができる場所です(山頂・離島を除く)。

屋上から見える犬吠埼灯台

大晦日にこのホテルに泊まれば屋上からはもちろん、部屋からでも温泉に入りながらでも見られるのでしょうね。

屋上の様子

なかなか広い屋上ですよ。

屋上の山側の様子、風力発電のプロペラがたくさん見える 風力発電や建物が見える

山側を見るとたくさんの風力発電が見えます!

千葉県内にこんな大量に設置されているとは知りませんでした。

夜ごはん

レストランの入り口、木の扉

夜ごはんは18時からレストランにて。

時間は18時、18時半、19時が選べました。

テーブルに並ぶ料理、前菜、サラダ、豆乳鍋、刺身、焼き物など

時間ちょうどに行ったらこんな感じで準備されていました。18時からの客は少なくて良かったです。

ピンク色の紙に印刷されたお品書き

今回のお品書き。

  • 前菜/酒菜五種盛り
  • 造り/御造り五種盛り
  • 煮物/枝豆茶碗蒸し
  • 焼物/烏鰈味醂醤油焼き
  • 鍋物/豆乳トマト鍋
  • サラダ/銚子産季節の生野菜
  • 肉料理/東総ポーク陶板焼き
  • 食事/季節の炊き込み御飯
  • 香の物
  • 止椀/清汁仕立て
  • デザート/季節の果物とケーキと和菓子の盛り合わせ

テーブルに醤油が準備されていたんですが、減塩醤油が置いてあったのがうれしかったです!

お刺身が厚切りでとてもおいしかった!あと豆乳トマト鍋が個人的にめっちゃ好みの味で最高においしかった!

焼き物、豚肉とカボチャなどの野菜が入っている 四角いさらに盛った焼き魚の切り身、トウモロコシと生姜が添えてある

豚肉も柔らかく、魚もふんわり食感で良い!

お酒は飲まないのでごはんと汁物を先に持ってきてもらいまいした。

汁椀はイワシのつみれ汁でした!卵の黄色い袋の中は空っぽだった。

漬物2種と枝豆の茶碗蒸し

枝豆の茶碗蒸しも美味!

デザートは写真を撮り忘れてしまったのですが、ケーキと果物の盛り合わせでした!果物がとても甘くておいしかった!

鍋のスープ・つみれ汁のスープ・ドレッシング・漬物以外は食べきれました!

ごはんは一口だけ味見をして残りは旦那さんへ。鍋のスープ、つみれ汁のスープ半分、ドレッシング、漬物は残してしまいましたが他は食べきることができました。

食事の量が多過ぎる宿もありますが、ここは過剰な量じゃなくて良かったです。

2日目

朝ごはん

廊下に置かれた朝食会場の案内

朝ごはんは夜とは違う会場でした。

館内は全て探索したと思っていたのですが、こんなウエディングな空間があったとは!と驚きました。

7時からオープンだったのでオープンと同時に入場!

席も料理の並びもゆったりしていて良かったです。

定番のスクランブルエッグやハム・ソーセージなどもありましたが和食メニューが多い印象でした。子どもから見ると食べたいメニューがないのか、空っぽの皿を持ってウロウロしている子が多かったな。

ドリンクコーナーには持ち帰り用のカップも用意されており、好きな飲み物を部屋に持ち帰ることができました。

今回の旅にかかった金額

今回利用したプランの通常料金は、

1泊・1部屋・朝夕食付き/16900円(大人)× 2名=33800円(税込・サービス料込)

これにじゃらんの県民割りクーポン11000円県民割:10000円+じゃらん:1000円)と前回の旅行でもらったじゃらんポイント(利用ポイント:1500ポイント)などを使って、

支払料金:21300円(税込・サービス料込)になりました!(別途入湯税大人150円)

これに交通費が4088円(電車)だったので、宿泊費と交通費で1人14738円でした!

観光の途中で寄った昼ごはん代やおやつのスイーツにお酒代(地域限定クーポンで支払えました!)などを入れても、かなり安く楽しめました!

(観光やお土産については別の記事で紹介します)



宿の印象

部屋の掃除が行き届いていない問題以外は好印象でした。
(チェックアウト時に部屋のホコリについてスタッフに伝えましたが、あまり届いてない感じでした)

食事は思ってた以上においしかったし、お風呂に関してはお湯はちょっと乾燥する温泉でしたが広々していて良かったです。



ホテルから犬吠埼灯台まで歩いてすぐ!

ホテルから犬吠埼灯台までは部屋から見える距離で、歩いてすぐの場所にあります。

(ホテルからは先ほど紹介した近道がおすすめ)

灯台の近くには犬吠埼テラステラスもあるし、銚子ジオパークもあるし、東映オープニングで有名な「荒磯に波」もあるし、観光にとても便利な立地で良かったです!



こんな記事もあります

かわさんどっとわーく:森に囲まれた宿!GoTo利用で1泊2食3250円!大江戸温泉物語『君津の森』に宿泊《宿編》

かわさんどっとわーく:南房総【美味しい温泉 夢みさき】に宿泊!千葉とく旅キャンペーン利用!《宿編》

かわさんどっとわーく:【三日月シーパークホテル勝浦】に宿泊!千葉・勝浦は噂通り涼しかった!《宿編》

おすすめ本

北欧こじらせ日記

飛び立つ季節 :旅のつばくろ

いつも旅のなか (角川文庫)

タイトルとURLをコピーしました