関東で地震が多いような?防災グッズ・防災用品をコツコツ買い集めました。

以前は全く防災用品など用意していなかった我が家。しかし年末ぐらいから関東圏で地震が多くなっているような?と心配になり、ついに準備を始めました。

毎月少しずつコツコツ買い集めた我が家の防災用品、足りない物がないか把握するためにも今ある物をまとめてみた。

テント

まずはテント。
Amazonで4000円ぐらい(クーポン利用)で購入。大人2人が寝転がれるサイズです。
家が倒壊して更に避難所に入れなかった場合を想定して購入。ある程度の雨なら耐えられますが安さのせいか縫い目が少々粗いので、外で使う場合はタープもしくはレジャーシートなどで覆う必要がありそうです。避難所が利用できたときはプライバシー保護にも役立つかなと。出入り口は網戸?にもなるので夏場も使えそうです。

カセットコンロとボンベ

次はカセットコンロ。
卓上IHしか持ってなかったので購入しました。カセットコンロといえば!のイワタニ製品です。

給水袋

次は給水容器、貯水タンクと言うのか。

給水袋の使い方イラスト

まずひとつ目はトートバッグ型。上が大きく開くためしっかり中を乾かせるのが購入したポイントです。

空のウイスキーのプラ容器

ふたつ目は大容量のウイスキーが入っていたペットボトル。貯水タンクとして使えそうだったので捨てずに保管してあります。

水の備蓄は一切していません。冷凍庫に水が入ったペットボトルが4本、風呂水は掃除する直前に流すなど気にはしていますが、もしものことがあったら給水所に行かないと水の確保ができない状態です。さらに容器を追加するか、長期保存できる水を買うかで迷うところ。

防災リュック

次は玄関に置いてある防災リュック。使わなくなったリュックを防災リュックとして使っています。

防災リュックの中身

中身は、水が無くても口腔内を清潔にできるように歯磨きシート、使い捨てショーツ、マスク、トイレットペーパー、携帯ミニトイレ、ウエットティッシュ、ビニール袋が入っています。

防災ボックス

更に防災リュックとは別に玄関に用意している防災ボックス。
このプラスチックケースは洗車などに使う用のバケツで、水を入れて持ち歩けるし、蓋を閉めればイスや踏み台としても使えるバケツです。

防災ボックスの中身

中身は、非常用トイレ、使い捨てぬれタオル、ごみ袋、ラップ、女性用の衛生用品などを入れています。ごみ袋は以前に旦那さんが買ってきて使わなくなったもの、ラップは粗品でもらったものです。

ストックしている缶詰類

食品は防災用としてストックしてあるわけではなく、普段もちょこちょこ食べるような長期保存できる缶詰類などを多めに買って置いてあります。もうちょっとレパートリー増やしても良いかなと考えているところです。

まだまだ万全とは言えませんが、とりあえず一安心。個人的にはテントがある安心感がすごい。これからまた情報収集して細かいものを揃えたいと思います。

 

おすすめ品

アイリスオーヤマ ボックス ウォッシュBOX ブルー/クリア 幅40.5×奥行31.5×高さ29.5cm

Volador ワンタッチテント 2-4人用 テント アウトドア 軽量 コンパクト設計 2WAY 防風防水 設営簡単 通気 防災用 キャンプ 登山 海 開放テント 収納バッグ付 (グリーン)

東京都葛飾福祉工場 食品衛生法適合 非常用給水袋 4L

Instagram