油汚れや水垢掃除に!オレンジの皮でお掃除スプレーを作る。

オレンジの皮でお掃除スプレーを作るアイキャッチ作ってみた

職場で出番がなかったオレンジをもらって帰ってきました。

久しぶりの爽やかな味に口が喜ぶ。旦那さんもムッシムッシ食べてた。

さて、この残った皮でやってみたかったこと。

それは捨てちゃうオレンジの皮で作るお掃除スプレー!

我が家でオレンジは買わない食材。理由はバナナやアボカドを買わないのと同じで、日本向けの輸入物のオレンジも生産から販売までが公正では場合が多いからです。国産は近所のスーパーではなかなか手に入りませんし見切り品などではあまり見かけません。なので今回は食品ロスを減らしつつお掃除スプレーを作るという絶好の機会に恵まれたのです。

オレンジビネガークリーナー

まずはお酢を使ったオレンジビネガークリーナー。

ちぎったオレンジの皮を瓶に詰めて、そこに穀物酢を皮が隠れるまで入れるだけ。
皮はよく洗います。

掃除に有効な成分が出るまで冷暗所で2週間漬けておく。

2週間経過した瓶がこちら。お酢がきれいな黄色になりました。
気温が上がってきたので冷蔵庫で保管しています。

掃除に使うときはオレンジビネガーを水で薄めて使います。
コンロ回りにシュシュッと吹きかけてお湯を含ませた布巾などで拭き取ればスッキリです。香りも良い。

オレンジオイルクリーナー

瓶に入りきらなかった皮はお湯で煮出すだけのオレンジクリーナーにしてみました。

色が抜けるまでクタクタに煮ます。

濾した液体がこちら。

お湯で煮出したのはすぐ掃除に使えるのでスプレーに入れて保存。

常温だと腐敗が怖いので使わないときは冷蔵庫に入れて保管しています。

水垢が気になるシンクにシュシュッと吹きかけてしばらく放置して、水でさっと流すとなんと!水垢もきれいサッパリ流れていきました。

わかりにくいですが左側がが吹きかける前、右側が吹きかけて流した後です。白い水垢が落ちています。

 

 

お掃除の有効成分として発揮してくれているのはリモネン

リモネンとは

柑橘類の皮に多く含まれていて、油脂と馴染みやすく汚れを溶かす作用がある。また柑橘類の良い香り構成する成分のひとつ。

 

水垢が落ちるのは柑橘類に含まれるクエン酸が影響しています。

今回はオレンジの皮で作りましたが、柑橘類であればどの皮でも代用できます。みかんやレモンは無農薬であれば皮もおいしく食べられますが、オレンジやグレープフルーツは食べにくい場合が多いと思うので、ぜひお掃除に再利用するのがおすすめです。
市販のオレンジクリーナーや水垢除去クリーナーより圧倒的に安く肌に優しくごみも減ります。

お酢に漬けた皮はそのうちに猫除けに使ってみようと考え中。
最近家の裏に近所の野良猫が度々落とし物をしていくようになり少々困っています。お酢の匂いに猫除けの効果があるらしいので、オレンジビネガーを使い切って皮をコンポストに捨てるのであれば、その前にもういちど有効活用!
猫除け効果については後日、追記しようと思います。

 

以上、捨てちゃうオレンジの皮を使ったお掃除スプレーの作り方、使い方でした。

おすすめ記事

かわさんどっとわーく:【追記あり】米ぬかと廃油(ごま油)で肥料作り、油かすや廃油肥料について調べてみた。

かわさんどっとわーく:ごみ減量と食品ロス削減に一役、我が家のお漬物。

かわさんどっとわーく:ミニマムウェイストでプラスチックスマートなおやつを食べる工夫、食べなきゃいいは違うんです!

おすすめ本

昔ながらの知恵で暮らしを楽しむ家しごと

うちエコ入門?環境先進国スウェーデン出身ペオさん夫婦をお手本に

ためこまない暮らし 日々の家しごとを新鮮に

スポンサーリンク
スポンサーリンク
作ってみた
フォロー
 
かわさんどっとわーく
タイトルとURLをコピーしました