みかんは果肉も皮も楽しめる!果肉でお酒、皮で甘露煮作り。

旦那さんが楽天の期間限定ポイントでみかん10キロを買ってくれました。中身を確認したところ傷んでるものはありませんでしたが、かなり柔らかくなっているのが複数あったのでお酒に漬けることにしました。

家にある空いてる瓶を集めて煮沸消毒。

なるべく白い部分は取りましたが、途中めんどくさくなり適当な感じに。

お酒は最近我が家で常備されている「スピリタス」、アルコール度数96度というやばいやつ。火気厳禁です。

作った日の夕方にはあっという間にこんな色。
作ってから知ったのですが、スピリタスを使うときは皮のほうが良いらしいです。次回は皮でやってみたいと思います。

余った皮は甘露煮にしてみました。

ワックスなしの商品でしたが、さっと茹でました。

はちみつ、シークァーサー果汁、みりんを適当に入れて煮ます。

くったくたに煮ました、めんどくさがらずもっと小さく切ればよかったと少し後悔。お湯に溶いて飲むとおいしかったです。マーマレードのように米粉パンケーキと一緒に食べてもおいしかった。

皮を茹でたお湯は食器洗いに使いました。汚れも落ちて手も荒れず良い香りで最高でした。
残りの皮はぬか床に入れたり、お風呂に入れて楽しみました。翌日はせっかくネットに入ったみかんの皮があるので、そのままネットごとお風呂掃除に使ってみました。湯垢も落ちるし良い香りで、また最高でした。

みかんの香りは気の巡りをよくするので、頭痛や肩こり、喉のつかえた感じに効くそうです。ワインもそんな症状に効くようなので、サングリアも良いかもしれません。

おすすめ本

オトナ女子の 薬膳的セルフケア大全

ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方―体と心をいたわる365のコツ

恐怖の環境テロリスト (新潮新書)

Instagram