衣装ケースで作ったコンポスト「キエーロもどき」を観察してみました。

翌日筋肉痛になった「キエーロもどき」作り。あれから実際に生ごみを入れて観察してみました。

生ごみがしっかり写真に写っているので、他人が出した生ごみを見たくない人はこちらでドロンしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生ごみ計量

初めて入れた生ごみ。お風呂で香りを楽しんだみかんの皮(複数個分)や、コーヒーかす、卵の殻、野菜のヘタなどが入っていました。水を吸ったみかんの皮はめちゃくちゃ重い。

生ごみを埋めて目印を挿したところ

3月17日

記念すべきコンポスト生活初日の3月17日。埋めた場所がわかるように近くにあった家庭菜園用クリップを挿してみる。

分解していない生ごみ

3月20日

3月20日に掘り返してみる。生ごみと土をしっかり混ぜるのをすっかり忘れていたせいか、そのまま残ってるような状態でした。慌てて土と混ぜ合わせる。掘るとやはりにおいがします。

掘り返した土に混ざる生ごみ 分解されて小さくなった卵の殻

3月28日

3月28日、埋める所がなくなってきたので最初に埋めた場所を掘り返す。みかんの皮と卵の殻が少量出てくるぐらいでした。分解されてる!と感動しました。

デコポンの皮やコーヒーかすなどの生ごみ

3月23日

日付は戻り別の生ごみです、3月23日に埋めた生ごみ。デコポンの皮、コーヒーかす、食べきれなかったキャベツの芯を細かく切ったものなど。

掘り返して小さくなったデコポンの皮

3月28日

3月28日に掘り起こした状態です。やはりちゃんと土と混ぜて埋めたせいか、初回のより分解が早いです。分厚いデコポンの皮もこれっぽっち。掘ってもにおいはしません。

コンポストというと「くさい・虫がわく」というイメージでしたが、今のところどちらも発生しておりません(掘れば多少においます)。キエーロの力を最大限に発揮するポイントは「深く掘る・よく混ぜる・乾いた土をかぶせる」だと思います。土はわざわざ黒土を買わなくても家庭菜園で使っていたプランターの土で問題ありませんでした。

今年はこの土で野菜作りかな。小さな世界ですが循環してる感じがしてきてうれしい。

おすすめ記事

かわさんどっとわーく:ついにコンポストデビュー!衣装ケースで「キエーロもどき」を作りました。

かわさんどっとわーく:目の前で捨てられたネギを救出、ネギの青い部分は食べる?食べない?

かわさんどっとわーく:みかんは果肉も皮も楽しめる!果肉でお酒、皮で甘露煮作り。

かわさんどっとわーく:みかんを漬けて3日目!「みかんのスピリタス漬け」を飲んでみた。

おすすめ本

私が最近弱っているのは 毎日「なんとなく」食べているからかもしれない

世界からバナナがなくなるまえに: 食糧危機に立ち向かう科学者たち

世界の食料ムダ捨て事情 (地球の未来を考える)

Instagram