セルローススポンジが分解されてる?消耗品用バケツコンポストを掘り返してみた。

せっかく天然素材の消耗品を使っているなら、可燃ごみにしないで土に還していこうという思いから始めた、食べ物以外を処理する為に作ったバケツコンポスト。
初めてスポンジを埋めてから約3週間ぐらいたったので、その観察記録です。

かわさんどっとわーく:バケツコンポストを作りました、食べ物以外の処理に使う予定です。

5月3日、キッチンで使っているセルローススポンジとジュートたわしを埋めてみる。

分解しやすいように適当に細かく切ります。

土に混ぜ込みます。

その後はほとんど放置状態。
蓋が布なのでたまーに開けて土に日光を当て、そのついでにかきまぜたり、キエーロ(生ごみ用コンポスト)のついでに米のとぎ汁を追加したりしました。

5月21日、スポンジの様子を確認。かなり小さくなっています。

触るとボロボロと崩れるぐらい脆くなっており、これは分解が進んでいると見ていいのかな。

ジュートはあまり変わらず。

1本を更に細くほぐして再度埋めました。

次回埋めるときジュートは細くほぐしてから。あとはもっとマメに混ぜたほうが良いかもしれない。

生ごみ以外をコンポスト処理する参考記事が見つからず、完全に手探り状態。綿棒とかも入れてみたいんだけど、本当のごみと土になってしまわないか心配。とりあえず今入っている2種類をどうにか分解させたい。

おすすめ記事

かわさんどっとわーく:ついにコンポストデビュー!衣装ケースで「キエーロもどき」を作りました。

かわさんどっとわーく:コンポストの分解が進まない、適度な水やカロリーが必要と知り生き物なんだと感じた。(虫・ごみ写真あり)

おすすめ本

ゼロ・ウェイスト・ホーム ーごみを出さないシンプルな暮らし

うちエコ入門―環境先進国スウェーデン出身ペオさん夫婦をお手本に

もたない男 (新潮文庫)

Instagram