【ごみ減量チャレンジ#58】見切り品のネギをリボベジ、食品ロス削減と再生野菜で達成感。

2019/12/15~12/21ごみ袋

12/15~12/21の7日分で595グラム、1日あたり約85グラム(前回:約136グラム)

缶ごみ:なし ペットボトルごみ:なし 瓶ごみ:酒瓶2本

3桁維持でぐっと量を減らすことができました!

先週の主なごみは、
野菜の包装(複数枚)、ティッシュ(複数枚)、お菓子の袋(複数枚)、乾燥豆の袋、油揚げの袋、豆腐のパックと蓋、チーズの袋、排水溝のごみ(7日分)、薬の包装、使い捨てのウエス(複数枚)、職場のまかない弁当の容器、など。

キッチンのごみ箱以外では、
お風呂の排水溝のごみ、コンタクトレンズ(4日分)、コンタクトレンズの容器の蓋(4日分)、糸ようじ、使い捨てウエス(複数枚)、など。

先週はちょっと疲れてしまっていて、あまりメモできていませんでした。
最近気になっていることは仕事の時間が変わって昼食を取りにくくなったのでさっと食べられるシリアルバーのようなのをたまに食べるようになり、お菓子の袋はちょっと増えてしまっています。食べないでいけたらいいんですが、朝ご飯から夕方まで食べないのはちょっとつらい。

旦那さんが買ってきた野菜

最近の旦那さんの買い物の様子。
旦那さんはエコバッグは持たず茶色い業務スーパーの袋を繰り返し使っています。なのでシワシワ。
キャベツとかバラ売りのニンジンとかビニールに入れられそうになると「袋いらないです」と断ってくれているんですが、なぜか玉ねぎだけは入れられてしまう謎。
毎度毎度何故なんだ、ワイズマートさん。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

kawasan(@kawasan_y)がシェアした投稿

 

先週は見切り品のネギをリボベジしました。このネギの生長速度が速すぎてちょっと怖かったです。

(インスタで比較画像見られます)

プランターに植えられたねぎ

半分は外のプランターに、

瓶にさしたネギ

もう半分は水耕栽培にしてみました。水耕栽培のほうが元気そうです。

ネギの根っこ

根っこもすごい。

それにしても見切り品でリボベジするっていうのは、食品ロス削減にもなったし生ごみも減らせるし節約にもなるので、ものすごい達成感を感じます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

kawasan(@kawasan_y)がシェアした投稿

ネギ以外もいろいろ見切り品が買えた先週。見切り品は包装されて売られていることが多いので、買うとプラごみが多く出てしまうのが難点。
大根1本にシール付けての見切り品は久々に見たので嬉しかったです。

おすすめ記事

かわさんどっとわーく:目の前で捨てられたネギを救出、ネギの青い部分は食べる?食べない?

かわさんどっとわーく:リボベジした小松菜の育ちがすごい!今年のミニトマトは塩害にも負けず強かった。

おすすめ本

京都嵐山 エコトピアだより

サルベージ・パーティから生まれた「使い切る」ための4つのアイデアと50のレシピ: 余った食材、おいしく変身。

キミが大人になる頃に。―環境も人も豊かにする暮らしのかたち (B&Tブックス)

Instagram