スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ごみ減量チャレンジ#64】これからは液体石鹸で鍋もシンクも洗います。

ゼロウェイストとミニマリストを両立させたい主婦です。

ごみ減量チャレンジ、先週の可燃ごみ計量結果発表!

2020/1/26~2/1ごみ袋

1/26~2/1の7日分で655グラム、1日あたり約94グラム(前回:約82グラム)

缶ごみ:11グラム ペットボトルごみ:なし 瓶ごみ:1330グラム

今回の主なごみは、
人参の包装、瓶のプラスチックキャップ、豆乳のキャップ、掃除機のごみ、マヨネーズの容器、ラップ(複数枚)、焼酎のキャップ、厚揚げの袋、パスタソースの袋、白菜の包装、ナッツの袋、酒パックのフィルム、板チョコの包み紙、コーヒー豆の袋、ちくわの袋、サラミの袋、など。

瓶ごみはワインの瓶が3本、お酢の瓶が1本、メープルシロップの瓶が1本。
缶ごみはアルミキャップが3個。

キッチンのごみ箱以外では、
お風呂の排水溝のごみ、糸ようじ、使い捨てウエス(複数枚)、アルコールティッシュ(複数枚)、マスク、コンタクトレンズ、など。

 

毎度ラップが複数枚ごみとして出ていますが、これは職場(飲食店)で売れ残ったご飯やパンを包んでいたラップです(捨てられちゃうのでお持ち帰り)。大量ではないですがちょこまか出るので困っている。

我が家ではラップの出番はすっかりなくなりました。
野菜を中途半端に残す(半分だけ使うとか)ことがないし、あったとしてもガラス容器に保存したり、そのままトレーにのせて冷蔵庫にしまったり、キャベツも週1で1玉買ったりしますが全部刻んで蓋付きのボウルに保存しているので使う瞬間がない。そして旦那さんも協力してくれているのがありがたい。
(使い掛けのラップは防災グッズとして保管してあります)

蜜蝋ラップという物もありますが、空き瓶やタッパー、ボウルを駆使すればどうにかなります。

食器用洗剤がなくなったシンク

先週からついにキッチンのシンクから食器用洗剤が消えました。これからはハンドソープとして使っていた液体石鹸で代用していきます。

いきなり食器用洗剤をなくすのは少し不安だったので、しばらくの間お試しで液体石鹸でも洗ってみたりして併用していましたが、問題なさそうだったので完全移行です。

2018年8月のキッチンのシンク

これは2018年8月のキッチンのシンク。
食器用洗剤はもちろん、ナイロンのスポンジやコゲ落としなど盛り沢山。このときの食器用洗剤はダイソーのを愛用していました。安いのに油落ちが良かったのです。

2019年11月頃のキッチンのシンク

これは2019年11月頃のキッチンのシンク。
ナイロンのスポンジは消えましたが食器用洗剤をまだ使っている頃。このときの食器用洗剤はサラヤのヤシノミ洗剤を愛用。

2018年の写真と今を比べるとちょっとすっきりしました。

 

使っている液体石鹸はこちら。

マックス無添加泡の石けんボディソープの容器

「マックス 無添加泡の石けんボディソープ」

かわさんどっとわーく:洗面台の今と昔を比較、洗面台は余白が多いほうが気持ちが良い。

液体石鹸については上記の記事でも紹介しているので、ご興味があればご覧ください。

 

おすすめ本

「脱使い捨て」でいこう! ; 世界で、日本で、始まっている社会のしくみづくり

ナチュラルに暮らす70の方法―かんたん・楽ちん・エコ生活

追跡!私の「ごみ」―捨てられたモノはどこへ行くのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ごみ減量チャレンジ ゼロウェイスト
フォロー
 
かわさんどっとわーく
タイトルとURLをコピーしました